キャバクラとの違い | 稼ぎたい女の子はガールズバーでバイトをしよう!

稼ぎたい女の子はガールズバーでバイトをしよう!

ウェブサイト閲覧

キャバクラとの違い

ガールズバーの仕事は勘違いされやすい傾向にあります。
冒頭でも話したように、女の子が働く夜の店ということでキャバクラなどと一緒の仕事をしていると思われてしまいがちなのです。
しかし、キャバクラとは全く違うのでご安心ください。
まず、ガールズバーとキャバクラとでは接客スタイルが異なります。
キャバクラでは、お客さんが居るテーブルに女の子が何人かつき、お客さんの隣に座って接客をします。
一方ガールズバーでは、お客さんの隣に座ることはありません。カウンター越しでお酒を作って提供するので、仕事内容としてはバーテンダーと一緒です。
一定の距離を保ったまま接客をすることになるので、お客さんに触られる心配もありません。
もちろん、バーテンダーと言っても難しい名前のカクテルを作ることもありませんし、シェイカーを振って作るようなお酒もありません。
誰でも簡単に作れるようなメニューしかないので、お酒に全く詳しくない人でも大丈夫です。
もし分からなくなったら隣に先輩スタッフがいるので、こっそり聞くこともできます。

また、キャバクラでは指名やランキング、同伴、アフターなどいろいろありますが、ガールズバーにはこういったものはありません。
人気などを気にすることなく自分らしく働くことができますし、プライベートの時間を拘束されてしまうようなこともありません。
ガールズバーのバイトは、お客さんと楽しくお話をするのがメインの仕事になります。
なので、余計なことは考えず、お客さんと一緒に楽しい空間を作ることを意識しながら働くようにするといいでしょう。

通話中

人間関係が良好な職場

女の子しか働いていないバイトは人間関係がよくなさそうというイメージがありませんか?しかし、ガールズバーでの人間関係は非常にいいので、毎日スタッフ同士楽しく働くことが出来るでしょう。

PCを見ている

待遇面でも充実

ガールズバーでバイトするにあたって、何一つ不自由しないほどの待遇が揃っています。夜働くのは怖い…と思っている女の子でも安心して働けるので、求人情報を見る際には待遇面にも注目しましょう。

スマートフォンを操作

記事一覧

「稼ぎたい女の子はガールズバーでバイトをしよう!」の記事一覧です。